園長のプロフィール



  大田区立羽田小学校、 山王小学校、品川区立三木小学校で教員として勤務。
 その後、第二延山小学校、三木小学校、浅間台小学校で管理職として退職まで勤務。品川区の教育改革の渦中で学校の特色作りに邁進。
 
 退職後、教育センターの経営指導員として教育委員会に所属し勤務。


 その後、園長として八潮幼稚園に赴任する。幼稚園では、その年齢に必要な教育活動を行い、小学校に繋がる基礎力を育成することに努める。かしこく、やさしく、たくましい子の育成を目指す。
 特に子どもの健康の基礎となる食育を重要視して取り組む。
 
その他
 品川区立城南第二小学校、浅間台小学校の校区教育協働委員会委員。
 
 品川区の子ども子育て支援会議に品川区私立幼稚 園代表として参加。


 品川区小学生バレーボール連盟会長。

 
                                                                                                                                                                園長 豊島呈次                                    

     今年度の教育方針 


 *周囲の人に信頼され支援される人間を目指し、平成30年度の「幼稚園教育要
領」の趣旨に則って「非認知的能力(幼児教育で育てたい資質・能力)を育成するた
めの「主体的な遊び」や生命を尊重する。

 「命を大切にする教育」を重視した幼稚園教育を進めていきます。園児が友達と年
齢に必要な「主体的な遊び」を多く設定することで、友達の存在に気づき、友達を尊
重する気持ちを育て、人にやさしく、よく考えて行動し、困難なことにも負けないたくまし
い子どもに育てます。

 1、園児ファース=現在から将来に渡っての子供の幸せを第一に考えた保育を
進めます。先ずは年少は年中に、年中は年長に、年長は小学校に繋がる連続性のあ
る保育計画を立て、自立出来る子を目指して参ります。

 2、生命尊重=自他の健康に気を付けることができる命を大切にする保育です。
自他の命を大切にするには自らの命を大切にする健康な体作りが欠かせません。その
ためにはバランスの良い食事、遊びや運動、十分な睡眠を取ることが保育を進めま
す。

 3、コミュニケーション力=自分の思いを言葉で伝える保育を進めます。幼児期
は小さなトラブルが多くありますが、自分の気持ちを上手に言葉で伝えられない時期で
もあります。日常のトラブルを通じて子ども達のコミニュケーション力をつけて参ります。

周囲の人に信頼され支援される人間を目指し、「幼稚園教育要領」 の趣旨に則って「長所を見つけ伸ばし学ぶ力の基礎を培う保育」を 進めていく。    

   

   理事長  園長.  正規教員5.   フリー3.  事務長1・非常勤事務1